2008y03m23d_005017234.jpg

失敗しても外で食べるご飯は格別です

趣味のアウトドアから本格的なアウトドア。それぞれの目的に応じて楽しもう。
アウトドアにおいて知っていて得する知識の紹介です。

ご飯が上手く炊けることはアウトドアを楽しむ基本です。家族みんなで準備をして、火加減を見ながらご飯が上手く炊ければ、とてもよい思い出になるはずです。

例えば、せっかく美味しい空気の中、緑あふれる景色の中で思いっきりはしゃぐ子供達に、レトルト食品を食べさせるというのでは、ちょっと寂し気がしませんか。せっかくのアウトドアライフ。お酒やバーベキューなどに重点をおくのもいいですが、この際、子供達に自分達で作ったご飯の本当の美味しさを教えてあげる機会を作ってみてはどうでしょうか?空腹ときれいな空気は最高のご馳走だと思います。
2008y04m02d_230816083.jpg
 
さっそくご飯の炊き方を見ていきましょう。
まず、水加減です。お米と水はそれぞれ同量が基本です。それぞれ別に量り入れるほうが失敗はないかもしれませんね。場合によってお水は炊く米の約1.0〜1.2倍でもOKだと思います。そして30分以上そのまま吸水させる事がポイントです。

次に火加減です。
まず火加減の調整は昔から「 はじめチョロチョロ、なかパッパ 、あかごが泣いても蓋とるな」というのがありますよね。その通りです。
最初は強火です。そして蓋から吹きこぼれてきたら、弱火にします。炊き上がりが難しいですが失敗しても外で食べるご飯は格別です。

あなたにもあるはずです。子供の頃、野外でカレーライスを作った経験が。黒い色をした飯ごうを初めてみたときに「こんなものでご飯がたけるのか」と不安に思った人もいるでしょう。準備をしてご飯を炊き、炊き上がったご飯を見たときの感動、食べたときの感激をもう一度思い出してみてください。

今回も参考情報を付けておきますので良かったら一読してみて下さい。

無料レポート
『これを読めばアウトドアの達人になれる!』〜飯炊き編〜
焚き火と並んでアウトドアの基本です。難しくなりがちな「How to」を、ガンコ山が優しく語り掛けるように教えてくれます。今年の夏は、ご飯の美味しさを再発見してみませんか?「焚き火道」と併せて、是非ご購読下さい。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるアウトドア情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

林間学校などのキャンプファイヤーなどで火を囲んでわくわくした経験はないですか?

焚き火はアウトドアの基本です。野外でおいしい料理を作るにしても夜の団らんの中心に必ず焚き火は必要なのです。

着火剤で火をつけて買ってきて用意しておいた炭にその火を移してはい終わり、では味気ないではないですか。

単なるバーベキュー目的ならそれもいいかと思います。しかし、せっかくアウトドアに出かけたなら、山の中で使えるものを使ってみませんか?火のおこし方のポイントは火種を作りと薪の太に注意しながら徐々に大きく太い薪にしていく事です。最初は可能な限り細い枝を使って火を起こしていくのです。

特に、あたりが湿っているときほど小さく細い枝を使うのがポイントです。後は薪の枝の置き方ですが、中心が一番高くなるように円すいを意識して枝をくべていくとやりやすいです。

2008y03m29d_003650312.jpg

焚き火には不思議な魅力があります。林間学校などのキャンプファイヤーなどで火を囲んでわくわくした経験はないですか?

思い出してください焚き火を囲んで仲間と夜がふけるまで語り合った経験を。そんな「焚き火の心」を上手くあらわした無料情報を紹介しておきます。これを見て趣味のアウトドアの心をみがいてみてください。

無料レポート
『これを読めばアウトドアの達人になれる!』〜焚き火編〜
近頃は着火材という便利なものがあって、簡単に焚き火ができるようになっています。でも、それでは何か味気ないし、いざと言う時は結局火が点けられない。アウトドアを趣味とするのにちょっと寂しいですしね。そこで、南房総に出没するある人が、”熱い”メッセージで、どの本にも載っていない、炎を育てる方法を伝授してくれます。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるアウトドア情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

大きなカブト虫やクワガタが捕れたときの感動は虫取りをした事のある人なら覚えているモノではないでしょうか?

趣味のアウトドアから本格的なアウトドア。それぞれの目的に応じて楽しもう。アウトドアにおいて知っていて得する知識の紹介です。

アウトドアでは子供が喜ぶ楽しい事の一つとして虫取りがあります。特に大きなカブト虫やクワガタが捕れたときの感動は虫取りをした事のある人なら覚えているモノではないでしょうか?その言葉では言い表わせないほどの感激を今の子供達にも味わってもらいたいものです。
2008y03m25d_223413859.jpg

しかし都会の公園のちょっとした森や草むらなどと違いキャンプ場の近くの山などの森にはスズメ蜂がいる事も多いです。時期的にもよりますが秋頃のスズメ蜂は特に攻撃的で注意が必要です。

せっかくアウトドアで遠出したりキャンプで楽しむならたくさんのクワガタやカブトを捕まえてほしいものです。

虫を取る仕掛けも木に蜜を塗る方法や足で木を蹴って落として捕る方法などがあります。それを教える機会があれば子供達の目をみてください。きっとキラキラした目であなたの教える事を見ているはずです。

そんな楽しいアウトドアやキャンプの行事、「虫取り」の醍醐味を上手く説明している無料情報を探してきました。良かったら参考にしてみてください。

無料レポート
『これを読めばアウトドアの達人になれる!』〜虫取り編〜
虫たちはお店で買うものではありません(キッパリ)。 虫といっても、夏の風物詩であるカブトムシ、クワガタにスポットをあてて、その獲り方を伝授します! 夏休みに自然に囲まれたところに遊びに行くのならば、必携の指南書になっています。 子供の頃に経験したお父さん・お母さんは、横からそっとアドバイスをしてあげてください。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるアウトドア情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。

ロープワークはアウトドア生活やサバイバルスキルの基本です

趣味のアウトドアから本格的なアウトドア。それぞれの目的に応じて楽しもう。
アウトドアにおいて知っていて得する知識の紹介です。

ロープワークはアウトドア生活やサバイバルスキルの基本です。女性の方ならいざという時、きっとお役に立ちます。災害時など、うろたえる夫を尻目にテキパキとこの技を披露することも出来るでしょう。

まずロープとはどんな役目を担う道具なのかを理解しましょう。ロープの役目は、ぶら下げる、吊るす・ものの固定・引っぱる・モノをひっかけておくなどの役目があります。

人を引っ張りあげる時もあるので生半可な知識では逆に危険を伴う結果になってしまいますので本当に大切な基本的事項になります。

色々な場面で役立つロープワーク。実際の結び方の名称やその場面に応じた結びの使い方などが解説された情報を紹介しておきます。
本当に些細なことですがアウトドアの基本であり重要な知識になりますので気になる人はこれを読んでマスターしてみてみる方がいいかもしれません。
2008y03m23d_012834015.jpg

無料レポート
『これを読めばアウトドアの達人になれる!』〜ロープワーク編〜
覚えておくと、アウトドアだけでなく、被災時にも役立つロープワーク術。基本的な結びの方法とその活用方法を、楽しくお届けします。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるアウトドア情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。 

2008y03m23d_005209375.jpg




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。