2008y03m23d_005017234.jpg

林間学校などのキャンプファイヤーなどで火を囲んでわくわくした経験はないですか?

焚き火はアウトドアの基本です。野外でおいしい料理を作るにしても夜の団らんの中心に必ず焚き火は必要なのです。

着火剤で火をつけて買ってきて用意しておいた炭にその火を移してはい終わり、では味気ないではないですか。

単なるバーベキュー目的ならそれもいいかと思います。しかし、せっかくアウトドアに出かけたなら、山の中で使えるものを使ってみませんか?火のおこし方のポイントは火種を作りと薪の太に注意しながら徐々に大きく太い薪にしていく事です。最初は可能な限り細い枝を使って火を起こしていくのです。

特に、あたりが湿っているときほど小さく細い枝を使うのがポイントです。後は薪の枝の置き方ですが、中心が一番高くなるように円すいを意識して枝をくべていくとやりやすいです。

2008y03m29d_003650312.jpg

焚き火には不思議な魅力があります。林間学校などのキャンプファイヤーなどで火を囲んでわくわくした経験はないですか?

思い出してください焚き火を囲んで仲間と夜がふけるまで語り合った経験を。そんな「焚き火の心」を上手くあらわした無料情報を紹介しておきます。これを見て趣味のアウトドアの心をみがいてみてください。

無料レポート
『これを読めばアウトドアの達人になれる!』〜焚き火編〜
近頃は着火材という便利なものがあって、簡単に焚き火ができるようになっています。でも、それでは何か味気ないし、いざと言う時は結局火が点けられない。アウトドアを趣味とするのにちょっと寂しいですしね。そこで、南房総に出没するある人が、”熱い”メッセージで、どの本にも載っていない、炎を育てる方法を伝授してくれます。

※初めての方へ 
このサイトで紹介されている無料レポートとは
いくつかのメールマガジンに登録する事で無料で購読できます。

もちろんメールマガジンは無料で登録されますし、気に入らなければすぐに解除が可能ですのでご安心を。
ヤフーなどのフリーのアドレスを使用して気になるアウトドア情報をどんどんダウンロードしてみて下さい。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

2008y03m23d_005209375.jpg




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。